【影響力の武器】の書評 相手の心理が巧みに操れるとしたら…

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ブログを書くならやっぱり読者の気持ちを考えて書かないとダメだよなー。何か参考になる書籍はないかな

こんな疑問にお答えする記事です。

今回はそんな疑問をお持ちの方にうってつけの書籍「影響力の武器」を紹介します。

 

 

目次

影響力の武器ってどんな本?

「影響力の武器」は騙されやすい著者が書いた人間の心理や行動を研究した書籍です。

著者は社会心理学者として相手から承諾を引き出すテクニックについて大学の研究室で実験を始めて、次第に承諾誘導のプロである、セールスマンや募金活動員、広告マンの世界の内側に入り、その道のプロたちのテクニックを学んでいく内容が記されています。

実験に次ぐ実験を繰り返しているので、これでもかと豊富な事例を知ることができます。

つまりこの本は何かを販売する方であれば、読んでおいて損はない一冊です。

販売に従事されている方は営業職の方であったり、ECサイトを運営されている方であったりと様々な立場・状況の方がいらっしゃると思います。

勿論販売だけでなく、何か交渉する場面や相手にお願いをする時などにも参考になる話が盛り込まれています。

そんな数あるテクニックの中で今回は「承諾先取り法」についてご紹介します。

これは僕自身が以前、家電量販店の店員にされた承諾のテクニックです。

具体例を交えつつご紹介します。

この本を読んだ後に、僕は承諾のテクニックを使われたんだと、始めて気づいたのでした。

それでは、ではいってみましょう。

量販店でエアコンを購入

もう5年ほど前の話にはなります。僕はエアコンを家電量販店で購入しました。

 

ダーマン
引っ越すことだし、そろそろエアコンを買わないか?
そうだね

 

別にAmazonなどで購入してもよかったのですが、まぁ、とりあえず店に行ってモノを確かめてみようとしたのでした。

その時の心理としては大きい買い物だから実物を見たいって気持ちがあったんですね。

だから家電量販店に足を運びました。

量販店でエアコンをはじめとした高価格帯商品を購入する場合に気をつける事は、ぶっちゃけ店員との戦いです。

言い換えると交渉ですね。

結婚をして、新しい家に引っ越すタイミングでエアコン買っておこうという流れになり妻と家電量販店に向かったのでした。

そして、赴いた家電量販店の店員との戦いが始まります。

店について、エアコンコーナーで条件に合いそうな品物を眺めます。

まぁ、するとどこからともなく店員が寄ってきますね。

 

エアコンお探しですか〜?
家電スタッフ
ダーマン
えぇ、まぁ

 

何度か簡単な質問を受けて、現在の状況を伝えます。

 

では、こちらはいかがでしょうか?
家電スタッフ

 

予算、間取りに対応した冷房能力がある数台のエアコンを勧められます。

また細かい機能の説明などを受けつつ僕らは1台のエアコンに決めたのでした。

確か値段が15万円でした。

もともと購入意思が高めだったこともあって、購入に関しては前向きです。

そして機能は正直どのエアコンもそこまでは気にしていません。

正確に言えば日本製であればある程度は信頼しているし、大きな差はないと感じているからです。

そんな気持ちの中、店員に購入の旨を伝えます。

すると店員は深々と頭を下げて、「ありがとうございます、ではこちらへどうぞ」と書類を書くスペースに促されます。

こっからが店員のターンでしたね。

承諾先取り法を使われました。

承諾先取り法

承諾先取り法とはどんなものか?

簡単に言うと承諾を先に取っておいて、後で悪条件を提示するやり方です。

人間は一貫性を持ちたい習性があって、一度OKを出した後にNOとは言いにくくなってしまうんです。

これを逆手に取っているのが承諾先取り法なんですね。

一通りエアコンの説明をされた後、15万円と説明されました。もう全てコミコミでその値段ですと言われました。

僕は予算内だったので、その言葉に安心して「じゃ、買います」と言って契約を進めました。

すると担当していた店員が奥の方にはけて、困り顔で出てきました。

 

いやぁ~、申し訳ございません。取り付け費用が入っておりませんでした。プラス5,000円となりますがよろしいですか?
家電スタッフ

 

ん?あれって感覚にはなりましたが僕はそのまま、「あ…はい」と頷いてしまいました。

ちょっと不誠実だなぁとか思いつつ、そしてまだ予算内だから良いかと変に自分を納得させて店員の要求を飲みました。

そして契約書に必要事項を書きながらまた店員が言いました。

 

あぁ、配管のカバーを費用に入れてませんでした…あ、申し訳ないです。費用追加となりますがよろしいですか?
家電スタッフ

 

詳しくは内容忘れましたが、確かそんな事を言ってきました。

こっちはもう買う気なので、買わないという選択肢はほぼ無かったんですよね。

結局それにも了承して、15万からプラス7,000円程度で購入となりました。

どこかスッキリしない

僕は妻との帰り道でお互いに不満が噴出です。

あの店員のやり方はずるい!

とか

ダーマン
買わなければよかった!

等とギャーギャー喚いていました。(いまさら遅い)

僕たちは販売員に何をさせられたのか?

それは決心です。

まんまと販売員の術中にハマり僕らはエアコンを購入したのでした。

大きな買い物する際に気をつけること

店員が承諾先取り法を意図的に使ったかどうかは分かりませんが非常に不快な気分でした。

買うのであれば気持ちよく買いたいですよね。

気をつけるポイントを以下に述べます。

言うべきところはしっかりと伝える。

今回最初に予算も伝えて15万でコミコミと言われていたのに、承諾先取り法によって値段を釣り上げられました。

本来であれば「ちょっと待て最初に15万でコミコミと言ったじゃないか」と言えればこんな気持ににはなっていなかったと思います。

変に店員に気を使っている自分がいました。情けない。

大きな買い物だと、オプション費用が安く見えてしまう

普段スーパーで買う買うものは1円でも安くと考えているのに、マイホーム、車、家電…それらを買う時ってオプション等の値段がなぜが大したことない額と見えてしまうんです。

これを「相対思考」って言います。

このエアコンを買う際は「まぁ、大した事無いな!誤差だ誤差!」って感覚になりましたね。

ただこの相対思考に気づいてからの購入は慎重になりました。

購入を焦らない

早く手に入れたい、そして自分のモノにしたい心理が人間にはあります。

ほしいなって思えばすぐにでも手に入れたいって思うのは当然の心理ですよね。

でもそれを待ってみる。本当にほしいのか自分自身に今一度投げかけてみる。

例えば一週間熟考してみて、やっぱり欲しいという気持ちが変わらなければ買ってみる。

今回の場合は熟考というか、必需品だったので、どれだけ熟考しても買うという気持ちに変わりは有りませんでしたけどね。

人間の心理を知って日々の生活に役立てよう

今回「承諾先取り法」を知ったのは「影響力の武器」からです。

 

この本は人間の心理を探る意味で購入した本です。

僕はこうしてブログを書いているので、読んでもらう読者に対して、相手の気持ちを知るのは大切だと思ったからです。

読者が何を求めていて、どう行動したいのか、それを知りたかったんですね。

読み進めていくと、承諾先取り法が出てきて、「あぁ〜、あの時俺はこのやり方で買わされたのかぁ〜」と一人で叫んでしまいました。

オススメはオーディオブック

こちらの書籍かなりの分厚さで、読むにはそれなりの時間と覚悟が必要です。

忙しい現代人であれば時間は有効に、でも情報はしっかりと理解したいですよね。

だから僕はオーディオブックで購入しました。



オーディオブックはナレーターが書籍を読み上げてくれた音声データです。

これであれば運転中や料理中、またはお風呂に入っている時に聞くことができます。

購入方法は?

月額会員プラン、聴き放題プラン、単品購入プランのどちらかが選べます。

月額会員プラン

言葉通り月額で費用がかかっていきます。

かかる月額は330円~33,000円と幅も広めです。

自分がどれだけ読書をするか、またオーディオブック内に自分の読みたい本があるかどうかを考えながら契約すれば良いです。

月額プランにすればメリットもあり、ボーナスポイントが付与されます。

1ポイント1円のポイントが会員のレベルごとに合わせたポイントが与えられます。

一番高い月額33,000円なら42,000ポイント付与です。+9,000ポイントなので、それだけ多く本が読めますね。

聴き放題プラン

対象のオーディオブックが聴き放題の月額750円プランです。

アプリ限定ですが、だいたいはアプリで聞くのでそこは問題無いですね。

あとは聴きたい本があるかどうかだけです。

アプリから聴き放題の本を確かめて選びましょう。

単品購入プラン

月額0円で、好きな本を購入できます。

普通の通販と同じ感覚ですね。

僕は「影響力の武器」に関してはこちらのプランから選びました。

自分にあったプランをお選びください。

「影響力の武器」オーディオブックはこちら

 

この本を購入したあの時、この知識があればまた少し違った態度で臨めたかなと思いますね。

ブログを書いている方や、何か商売をされる方であれば読んでおくべき一冊だと感じます。

それではまた!

 

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

劣悪な労働環境の会社から脱出する為にブログ書いてます。ブログを通してWebマーケティングを学び本業以上の収益を出すまでの過程を発信しています。このブログではボクと同じように悩むサラリーマン脱出を考えている方向けの内容です。その上で、Webマーケティング・お金・資産運用・節約とサラリーマンを辞めるための役立つ情報をお伝えします。

目次
閉じる