数ある自己啓発本の中でこれは一味違うなって思う本はコレ!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

成功したいなー。でもいくら自己啓発本を読んでも何も変化がない。 似たような自己啓発本ばっかり買って「自己啓発ジプシー」になってるな。

そんな悩みを抱えている方に参考となる記事です。

正直僕も「自己啓発ジプシー」なんですよね。

でも変わりたいって思いながらなかなか思うような成果は出せていません。

何を成果にするかもあるかと思いますが、僕にとっての成果とはやっぱり本業以外にも収益を発生させること。

数ある成功法則本を読みながら、「この本は他の成功法則本と違うな」そう感じる本を今回はご紹介します。

漫画版もあります。

目次

どんな本なのか?

紹介するのは「非常識な成功法則」です。

この本はウェブマーケッター・経営コンサルタント・作家として数々の顔をもつ神田昌典氏の著書です。

この書籍は2002年に初版が発行されて、その後2011年10月に新装版が出ています。

それだけ長年読まれ続けているのがわかりますね。

内容はまず序章があって、次に1から8の章に分かれています。

具体的には以下の内容になっています。

  • 序章:成功は「悪の感情」から始まる
  • 第一の習慣:やりたくないことを見つける
  • 第二の習慣:自分にかける催眠術
  • 第三の習慣:自分に都合のいい肩書を持つ
  • 第四の習慣:非常識的情報獲得術
  • 第五の習慣:殿様バッタのセールス
  • 第六の習慣:お金を溺愛する
  • 第七の習慣:決断は、思い切らない
  • 第八の習慣:成功のダークサイドを知る

今回はその中で第二の習慣:自分にかける催眠術をピックアップします。

自分にかける催眠術とは

催眠術って言い換えると暗示です。

人は何回も聞く言葉によって、その言葉を信じてしまう傾向があるんです。

例えばメディアが不景気だ不景気だと連日報道してる時が過去にありましたね。

その時、何も考えずに「あー、不景気なんだなー」って信じませんでした?

それが本当かどうかも分からないけど、みんながそう言うからそうなんだって思ったはずです。

そう僕もその1人です。

でもこの本を読んで、それは単なる暗示だったんだなと気付かされました。

繰り返される言葉、自分で発する言葉、そして他人が同調する言葉で、現実が構築される。つまり、まわりの環境 ー どんな人を自分のまわりに置くかで、自分の現実が変わってしまう。恐ろしいよね。

非常識な成功法則 P87

よくよく考えたら、ネガティブな事ばっか言ってる人の周りには似たような事ばっかり言う友人と付き合ってるものですよね。

そんなネガティブな話が心地良いからです。

おかしな言い方ですが事実です。ネガティブな事を言って共感してもらい安堵する。ネガティブな人はそれに慣れちゃってます。

その逆も然り。お金持ちで成功してる人はグチグチと不平不満を言ってるトコなんて見たことない。

ZOZO創業者の前澤友作氏がグチグチ言ってるツイートがあるでしょうか?無いと思います。

つまり成功者は意図的に発言することをコントロールしてるんですね。

それを踏まえて目標を立てる

成功にはやはり目標が大事なようです。

目標は地図のようなものです。それがなければどこに進んでいいかも分かりません。

明確な目標が目的地まで連れてってくれます。

この本でも目標を立てろと言っています。

まず長期的に達成したい目標と、短期で達成したい目標が大事ということです。

仮に長期目標が年収1億円だとします。

でも年収500万の人がいきなり年収1億ではさすがに無理だって思ってしまいます。

だから短期目標を立てます。

1年以内に年収1000万なら1億よりかはまだ達成できそうな気もします。

そして短期目標を達成するための目標を10個書きます。

長期目標

年収1億円

短期目標

・年収1,000万
・年間セールストップとなる
・新車を買う

などなど…

毎日、達成した目標をとにかく思いつくままに書く。毎日、違うものになってもかまわない。10個書き出した後、とくに重要な目標に○をつける。重要な目標というのは、その目標が実現すると、ほかのすべての目標も実現するというもの。

非常識な成功法則 P105

上記の目標ですが、書籍の中では年間セールストップになれば、年収1,000万も新車も購入できるから、年間セールストップに選択と集中をしなさいって書いてあります。

でも年間セールストップよりも年収1,000万のほうがすべてかなってるような気もするけど、どうなんでしょう…。

そして、その絞り込んだ一個の目標について、その目標に今日一歩でも近づくために、何をしなければならないのか、とにかくできることを書く。

非常識な成功法則 P105

年間セールストップに選択と集中したら、それを達成する為に今日何をやるかを考えて実際に行動する。それが大事みたいです。

つまりこの10個の目標は、長期目標につながるための目標であって、向こう1年間ぐらいの中で達成したいことを短期目標にする。

その中で年収1,000万だったり、年間セールストップだったりがあるってことですね。

だから新車を買うって目標はあってもいいけど、達成したとしても年収1億に直接つながってない目標ですよね。だからあまり重要ではないです。

自分の場合

上記を踏まえて僕の目標を立ててみます。

長期目標

温泉ライターとして活躍して全国の温泉旅館を旅する。(月に1回で年12回行く)
2021年末までに達成する。

あまり言ってきてはいませんでしたが、僕温泉が超好きなんですよね。

具体的には界とか星のやに泊まって、超絶リラックスする。

美味しい料理食べて、最高の景色と最高の温泉に入るのよ。それを記事にしてお金を稼ぐ。

そしてまたその金で温泉に行く。それを生業にして最高にリラックスした人生を送ること。

じゃ、その長期目標を達成するために何をしたらいいか?

短期目標

  • 2020年末までに副業で50万稼ぐ。
  • アフィリエイトで2019年12月までに収益を3万発生させる。
  • 収益を発生させたやり方を書いてnoteを販売する。
  • Twitterのフォロワーを2020年末までに10,000人にする。
  • ブログ(恋愛ブログ・温泉ブログ)をいくつか作って収入源を増やす。
  • 楽しくできるブログを一本作って収益が生み出せるかのテストもする。
  • ジムニーシエラを買う(旅行の移動にね)
  • ブログのアクセス1ヶ月平均10万PV達成する。
  • 20年末までにメインブログの記事数250記事達成する。
  • 会社で売上目標達成する(その成果をブログで発信)
  • クラウドワークスでウェブライティング案件に寄稿する。

とまぁ、こんな目標を毎日10個書くってことなんですね。

温泉ライターになるには、それだけ旅費がいりますからね。じゃ年に12回家族と行くならどれだけかかるか。家族3人で2泊3日のいい部屋を予約したとして仮に30万としましょう。それが12回ですから360万ですね。それを稼ぐ必要がある。

その中でどの目標に選択と集中をするかって考えたときに、20年末までにこのブログの記事数を250記事に増やすことかなって思うんです。

長期目標の360万には1年ではまだ届かないと思いますが、それにつながる目標の中でブログの記事数アップが一番自分にとってやれそうだなって思える行動だからです。

他の目標でも、将来的には温泉ライターになっていてお金を稼げているかもしれませんが、まずはしっかりと記事を質を意識しつつ数も量産していけば、いずれ結果はついてくるかなと思っています。

この目標を書く作業を毎日やることで、自然と脳がそれを達成するためにどうするかをずっと考えていくんですね。自分が意識していない無意識の中でずっと答えを求め続けているんです。

だから目標を立てることは望みを叶えるための合言葉なんですね。

自己啓発本の中でコレは一味違うと思う本 まとめ

自己啓発って自分の能力を高めていくことですよね。

つまりは成長したい。

だから成功者の本を読み漁る。

でも成功者の本も様々です。自伝のようなものもあれば、成功する事に特化したようなハウツー本もあります。

今回紹介した非常識な成功法則は、著書の神田昌典氏が熱いノリのまま書いた本で、神田氏の他の書籍とは伝わってくる熱量が違います。

勢いで書いた、でも書いてる事はクソ真面目。そんな本です。

神田氏は本の中で、昔はダメダメだったけど、目標を立てた事で成功できたと書いてます。

そんな弱みも見せてくれる内容だから、どこか僕は惹かれるものがありました。

やっぱ成功者だって最初は初心者。そんな弱みがあって、そこから成功していくストーリーってのは見ていてワクワクするものですよね。

この本は成功の習慣を伝えつつ、神田氏が変わっていく事も合間合間で伝えているので、読んでいて飽きないし、かつ成功への筋書きがしっかり書かれている実用書です。

成功したい方はぜひ読んでみてください。

 

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

劣悪な労働環境の会社から脱出する為にブログ書いてます。ブログを通してWebマーケティングを学び本業以上の収益を出すまでの過程を発信しています。このブログではボクと同じように悩むサラリーマン脱出を考えている方向けの内容です。その上で、Webマーケティング・お金・資産運用・節約とサラリーマンを辞めるための役立つ情報をお伝えします。

目次
閉じる