【2020年の副業】今こそサラリーマンはブログで稼ごう!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

今後給料が上る見込みがねーわ。副業でもするしかないかなー。

そんな悩みにお答えします。

どうも、サラリーマンしているダーマン(@da_man_L_user)です。

この何年かで大きく社会の様相は変わってきたなと感じます。

働き方改革によって何年か前の働き方では通用しなくなっています。

現在僕の会社で実施しているのは下記です。

  • 残業の削減
  • 有給休暇5日以上取得

以下にわかりやすく書いてあるサイトがあったので引用します。

【ポイント1】
時間外労働の上限規制の導入【施行:2019年(中小企業2020年)4月1日~】
時間外労働の上限について、月45時間、年360時間を原則とし、
臨時的な特別な事情がある場合でも年720時間、単月100時間未満(休日労働含む)、
複数月平均80時間(休日労働含む)を限度に設定する必要があります。

【ポイント2】
年次有給休暇の確実な取得【施行:2019年4月1日~】
使用者は、10日以上の年次有給休暇が付与される全ての労働者に対し、
毎年5日、時季を指定して有給休暇を与える必要があります。

2019年4月1日から「働き方改革関連法」が順次施行されます - 愛知労働局

端的に言うと、残業減らして正社員は有給5日以上取れよーって事ですね。

それによって起こる弊害は何か?

残業代込で給与を考えていた人はそれができなくなるんですね。

僕も以前は残業代込みの働き方をしていました。ある意味それで毎月の給与としていました。(考えていたと言うべきか)

でも働き方改革によってそれもできにくくなっています。

全く残業するなという訳ではないが、残業するにも上長のチェックが厳しくなり、なかなか残業ができる雰囲気でもないです。

そして今年の4月から実施されるのは下記。

  • 同一労働同一賃金

 

目次

同一労働同一賃金って何?

同一労働同一賃金は、派遣社員を多く抱えた会社は厳しいだろうなという印象です。

ウチの会社の場合は正社員が4分3を締めており、あとはパートさんです。

ただその方たちも傍から見ていて正社員と同じような仕事をしている印象です。

もしその方たちを正社員と同賃金としたらどうなるのか?

パートさん当人としては、収入が増えて旦那さんの扶養から外れるようになるでしょう。そうしたら自分で社会保険を支払う必要が出てきます。

そして会社は、会社全体の人件費が上がり、正社員の給与(賞与など)を見直して下げる可能性が出てきます。

もう、やってられない状況が目の前まで来てるんですね。

サラリーマンは自分で稼ごう

この先給与が上がるどころか下がるかもしれない。

会社に大きく貢献したからって爆発的に給与が伸びるワケないです。

もうこれは、ほぼどのサラリーマンでもそうだと思います。

じゃ、どうしたらいいのか?

自分で稼ぎましょ。

突き放す意味で言ってるのではなく、これは僕自身にも言ってる言葉であってね。

そういうマインドで生きて行きましょって事です。

もう自分で稼ぐしかないんですよね。

だから僕は今ブログを書いているんですね。

これから先の未来を豊かなものにするために僕自身が稼ぐと決めて生きていくしかないんだと考えています。

以前の僕は実質、会社におんぶに抱っこ状態でした。

まぁ、今もそれに近いんですけど、違ったところはマインドの変化ですね。

給与を「貰う」と考えていたし、そのように発言もしていました。

でも今は違います。すべてにおいて「稼ぐ」という思考でいます。

ブログをスタートしてマインドも変化してきました。

やっぱりね、歯車というか駒というかね、そんな生き方しててもしんどいですよね。

であるなら自分で稼ぎましょって考え。

もうシンプルです。

これからの時代は個人の時代

今後、会社勤めだけで不安な今、会社に全力をかけて仕事するなんて馬鹿らしいです。

残業もできない社会の風潮ではあるから、それ相応の働き方になるのは否めません。

仕事の成果物は満点目指すのではなく及第点の仕事をして、適度に切り上げてさっさと帰るのがベストです。

そして帰ってからは副業に力を使いましょう。

2018年1月から政府は働き方改革の一環として副業を許可する方針を打ち出しました。

それによって副業を解禁している会社が多数出てきています。

もう国自体が自分の食い扶持は自分で確保しろよって言ってるってことです。

理由がいくつかあるんですね。

  • 少子高齢化で労働力不足を危惧してるから働いてよ!
  • 老後の年金を思うように給付できないから副業で稼いでおいてよ!

まぁ、こんなところだと思います。

もう政府がそんなスタンスであるなら、一社だけに勤めておくだけの人生って不安になりますよね。

だから今のうちから行動していきましょう。

僕が思う良い副業

今の所ブログかなと思っています。

ブログをおすすめする理由

  • 初期投資費用がそこまでかからない。
  • ひとつ良い記事が作れればその記事が継続的に収入を発生させてくれる。
  • リスクというリスクがない

ただメリットばかりではなく、覚えなければならないことや、やったほうが良いことなど様々あることは事実です。

  • やるならWordPressが良い
  • Webライティングを学ばなければならない
  • 継続して記事を書かなければならない
  • ASPやグーグルアドセンスに登録して収益化の流れを作らなければならない

まだまだありますが、とにかく骨が折れる作業であることは間違いないです。

じゃ、何故そんな骨が折れることをやる必要があるのか?

それは得られるメリットの方が大きいからですね。

現時点の僕はそんなに収益があるわけではないのですが、それでもやっていて良かったと思っているし、これからも継続していきます。

その理由としては下記です。

  • ブログ構築技術が身につく(レンサバ、ドメイン契約の手順、WordPress導入、テーマ導入等の知識)
  • ウェブライティングの知識(ウェブで検索する人は何かしら情報を求めている。であれば設定したキーワードから流入してもらった人に対して、どんな内容を伝えたいのか。)
  • SEOの知識(検索意図、検索ボリューム数によってどんな記事を書くか等)
  • 稼ぐ思考へと変わる(自分の行動次第で稼げるかどうかが決まるので、会社の中の歯車として仕事している感じとはまるで違う。自分の行動が100%自分に反映される)

とは言ってもなかなか副業なんて…と感じる人もいるかと思います。

そんな方はまずマインドから変えて行きましょう。

どうすればマインドを変えられる

僕は勉強する時にいつもこの言葉を思い出します。

今の自分は何年か前の自分が勉強してくれたから生きていられる

言葉どおりなんですが、僕自身現在の仕事は通販事業で企画全体の運営管理をするディレクションやDM自体を作るクリエイティブ業務を行っています。

その経験があるから今現在、この会社で仕事をしていられるし会社から求められた仕事に応えることができています。

それは数年前の自分が経験を通して学んできてくれたからですね。

数年前のさらにその前、この会社を入社するときはWebデザイナーという経験を買われてこの会社に入社できました。

つまり過去の経験に生かされているってことなんです。

であるなら、何が言えるか。

今の自分が頑張らないと未来の自分が困るってことなんですよね。

勉強するのもしないもの自由です。

ただ、しなければ未来の自分が困るかもしれない。豊かな生活をするなら継続して稼げる学習をしていったほうがいいですよね。

そんなマインドを持って僕は今ブログを書いています。

今の想いがあれば、きっと未来の僕は困っていないと思うからです。

こういったマインドは下記の本から学びました。

この本は2007年に初版が出ており、最初のあらすじで以下のように言ってます。

「会社におんぶに抱っこの時代は終わりました!」

著者は2020年の今を見通していたんですね。

今読んでも全く色あせない内容というか、最近出版された本みたいな気がします。

勉強についてのテクニックが余すことなく書かれている本です。

勉強への動機づけから始まり、勉強時間の捻出法、誘惑に負けずに勉強する方法、目標の設定方法等…。

これまでの生き方を変えて、進化してましょう!

ではまた!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

劣悪な労働環境の会社から脱出する為にブログ書いてます。ブログを通してWebマーケティングを学び本業以上の収益を出すまでの過程を発信しています。このブログではボクと同じように悩むサラリーマン脱出を考えている方向けの内容です。その上で、Webマーケティング・お金・資産運用・節約とサラリーマンを辞めるための役立つ情報をお伝えします。

目次
閉じる